足がだるくて力が入りにくい時におすすめのツボ押し

長時間の立ち仕事やデスクワークをした後や、長距離を歩いた後などに足がだるくなることがあります。ふくらはぎがだるく感じる場合や、太ももに倦怠感があるなど、足のだるさも様々です。このように足がだるい時におすすめのツボ押しを紹介します。

歩き疲れに効く足三里(あしさんり)穴をツボ押し

長時間のウォーキングなどで脚の筋肉が疲労すると血液の循環が悪くなります。血液の循環が悪くなると疲労を起こした筋肉への栄養が巡りにくくなり、老廃物も流しにくくなるため足のだるさや重さを感じます。そのような時のツボ押しでおすすめなのが足三里穴です。足三里穴は膝のお皿の下角から指3本ほど下の位置にあります。

足三里穴の刺激方法

①足三里穴に親指をあて、四指でふくらはぎを挟むように持ちます

②挟んだ親指と四指で揉むように足三里穴をツボ押しします

③足三里穴をツボ押しすると同時に、ふくらはぎにもマッサージ効果を与えます

④ふくらはぎ全体がポカポカしてくれば効果が期待できます

アキレス腱の疲労を回復させる承山(しょうざん)穴をツボ押し

承山穴は、ふくらはぎの中心線上にあるツボです。アキレス腱を上にたどり筋肉の膨らみに最初にあたるところが承山穴になります。アキレス腱が疲労を起こしていることが原因で足がだるい時に有効なツボです。

承山穴の刺激方法

①承山穴に親指をあて、四指でスネを軽く握るように固定します

②承山穴をツボ押ししながらスネの筋肉にもマッサージ効果を与えます

③ふくらはぎがポカポカしてくれば効果が期待できます

太もものだるさを改善する殷門(いんもん)穴をツボ押し

殷門穴は太もも裏のほぼ中央にあるツボです。膝裏の真ん中と太ももの付け根の真ん中を線で結んだほぼ中央の部分にあります。殷門穴は足のむくみやだるさ、疲労回復に効果的なツボです。その他にも坐骨神経痛や腰の痛にもよく使われているツボになります。

殷門穴の刺激方法

①膝を曲げて殷門穴に中指を重ねてあて、太ももを掴むように持ちます

②太もも全体を握るようにしてツボ押しします

③膝裏にかけて響くような感じがします

④太ももがポカポカしたり、響きが軽減すれば効果が期待できます

腎臓を元気にして足の疲労を回復させる湧泉(ゆうせん)穴をツボ押し

湧泉穴は、足の裏の中央より少しにあるツボです。足の指を曲げた時に凹むところが湧泉穴です。足が疲れてくると湧泉穴のあたりも張って硬くなります。湧泉穴をツボ押ししておけば足のだるさも緩和して、むくみ予防にもなりますので積極的にツボ押しして下さい。

湧泉穴の刺激方法

①湧泉穴に親指を重ねてあてます

②持続的な圧で気持ち良いくらいの強さでツボ押しします

③10病押して緩める動きを左右5回繰り返します

④足の裏がポカポカしてくれば効果が期待できます

足がだるい時のツボ押しのまとめ

足のだるさを解消するには、ツボ押しと同時に足の血流を上げることが有効です。心臓より高い位置に足を上げて、足の血液が心臓にしっかり戻るようにして寝るのも効果的です。女性の場合は、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)が足のだるさの原因になっていることがあります。ふくらはぎの血管が浮き上がってコブのようになっているのが下肢静脈瘤です。下肢静脈瘤がひどくて足がだるい場合は手術が必要になりますので注意してください。

関連記事

  1. 足の筋肉痛を解消するツボとその原因と素早くなくす方法

  2. 目のかすみを解消するツボと目がかすむ原因&対処法

  3. 口を開けると顎が痛い!顎関節症に効くツボとその原因から対策まで

  4. ふくらはぎのツボ

    生理不順にマッサージするならこのツボが一番

  5. 花粉症のツボ押しは対症療法と根治療法をおり交ぜてツボ押し

  6. 二日酔いや乗り物酔いの吐き気がある時に押すべきツボ

  7. 前腕・肘が痛いのはなぜ?痛みをなくすツボとその原因&改善方法

  8. 肩こりを解消するツボと改善のためのストレッチ