過剰な免疫反応アレルギーを抑えるツボ押し

人の体には外から菌やウィルスなどの侵入に対しての防御反応として抗体を作る働きがあります。この抗体が菌やウィルスと戦って自分の体を守ってくれるのです。しかし抗体の働きが異常を起こすと自分の体をも攻撃してしまいます。そのような症状をアレルギーと呼んでいます。アレルギー性の炎症は皮膚や粘膜にかゆみとして出ることが多いので、ツボ押しで血液循環を促し、皮膚のバリア機能を高めることも有効です。

かゆみを和らげる血海(けっかい)穴と百虫窩(ひゃくちゅうか)穴をツボ押し

アレルギー性の炎症は皮膚にかゆみとして現れることが多いです。そのため、まずかゆみを和らげる血海穴と百虫窩穴をツボ押しすると良いです。血海穴は膝のお皿の内側の上角から指3本分上にあります。百虫窩穴は血海の位置から親指の幅1本分ほど上にあります。どちらのツボもかゆみや湿疹によく使うツボなので、皮膚に出るアレルギー性の炎症にも有効なツボ押しです。

血海穴と百虫窩穴の刺激方法

①血海穴に親指をあてます

②円を描くようにツボ押しします

③脚の内側に響くような痛みが軽減すれば効果が期待できます

④百虫窩穴にも同様にツボ押しします

腎臓の機能を高める湧泉(ゆうせん)穴をツボ押し

湧泉穴は足の裏の中央よりやや上で、足の指をグーに曲げた時に一番へこむところにあります。アレルギーの症状を緩和するには腎臓の働きが良くなければいけません。人間の解毒作用である排泄を促すのが腎臓なので、腎臓に元気がなく排泄力が低下していると毒素が体内に残存してアレルギーを引き起こしやすくなります。

湧泉穴の刺激方法

①湧泉に親指をあてます

②3秒ほど強めにツボ押しします

③踵に向けて重痛い感じがなくなるまで続けます

④足の裏全体がポカポカしてきたら効果が期待できます

大腸の働きを高める手の万能ツボである合谷(ごうこく)穴と曲池(きょくち)穴をツボ押し

合谷穴は手の親指と人差し指の骨の谷間にある、体の毒素を排出する働きがある大腸を調整するツボです。様々な症状に使える万能ツボですが、かゆみを伴うアレルギー性の炎症にも有効です。少し痛みを感じるくらいのツボ押しが効果的です。曲池穴は肘を曲げた時に出るシワの端にあるツボで、合谷と同じ大腸経のツボに属しているので同様の効果が見込めます。

合谷穴と曲池穴の刺激方法

①親指を合谷穴にあて、人差し指と挟むように持ちます

②合谷穴を少し人差し指側の方向にツボ押しします

③響くような痛みがあるところで5秒ほど止めます

④何度か繰り返して合谷穴の痛みが軽くなれば効果が期待できます

⑤曲池穴に親指をあてます

⑥反対側の肘に向けてツボ押しします

⑦肘の外側に響くような痛みがでます

⑧円を描きながらツボ押しして痛みが軽くなれば効果が期待できます

アレルギーを抑えるツボ押しのまとめ

アレルギーの根本的な改善には免疫力の向上が欠かせません。今回ご紹介したツボ押しは体のデトックスに必要な腎臓のツボと大腸のツボです。そして皮膚を潤し結構循環を促す血液に関係するツボです。特に大腸は免疫力とも不快感系のある臓器なので、大腸の代表穴でもある合谷穴は日頃からツボ押しする習慣をつけておけば免疫力の向上にもつながります。

関連記事

  1. 手汗の多い方に効果的なツボ押し

  2. もものツボで痛み改善

    臨月の時に押すと効果があるツボ押し

  3. 前腕・肘が痛いのはなぜ?痛みをなくすツボとその原因&改善方法

  4. 立ち仕事の場所で働く方の悩みに効果のあるツボ押し

  5. 歯痛に効くツボと歯が痛いときのNG行為&鎮痛法

  6. 寝違いで首が動かせない時に使えるツボ押し

  7. 眼の奥まで痛い眼痛に効くツボ押し

  8. 肩こりを解消するツボと改善のためのストレッチ