頭痛を素早く和らげるツボ押し

日本の頭痛人口は約1,000万人とも推計されています。特に女性に多く、5人に1人は頭痛持ちとも言われています。頭痛もちの女性はカバンに頭痛薬を常備している方も多いですが、薬にばかり頼ってしまうのは不安です。しかも最近は痛み止めもあまり効かないと感じる方も多いはずです。そこで今回は、女性の国民病とも言える頭痛を和らげるツボ押しをご紹介します。

三叉神経を緩めて頭痛を緩和できる頭維(ずい)穴をツボ押し

頭維穴は額のかどの前髪の生え際から斜め上1センチほどの場所にあります。男性で言う剃り込みのあたりです。頭維穴の近くには三叉神経が走っているので、頭痛を和らげるには有効なツボのひとつです。

頭維穴の刺激方法

①両側の頭維穴に中指をあてます

②ズーンと響きを感じる強さでツボ押しします

③そのまま右回り、左回りに動かしながらツボをほぐします

④響く痛みが軽くなれば効果が期待できます

眼精疲労を緩和する太陽(たいよう)穴をツボ押し

太陽穴は目尻の外側と眉毛の外側の端と端を線で結んだ真ん中から、少し後ろにある凹んだところに存在します。一般的にこめかみと呼ばれる部分です。正確にはこめかみの中でも目尻に近いところにある小さな凹みになります。しかし指でのツボ押しの場合はそこまでこだわらなくても大丈夫です。眼精疲労や偏頭痛に効果が期待できるツボです。

太陽穴の刺激方法

①人差し指か中指を太陽穴にあてます

②そのまま垂直方向にツボ押しします

③5秒押して緩める動きを3回ほど繰り返えします

④軽く円運動でマッサージしてもかまいません

⑤目が見えやすくなり、痛みが緩和してくれば効果が期待できます

肩こり眼精疲労からくる頭痛に風池(ふうち)穴をツボ押し

風池穴は左右の後頭部にある有名なツボのひとつです。後頭部の首の付け根のところで、後頭骨の下の凹みから2~3cmほど外側で髪の生え際よりも少し上に位置します。肩こりや眼精疲労にも使われるツボなので、それらが原因で起こる頭痛に効果が期待できます。

風池穴の刺激方法

①左右の風池穴に親指をあてます

②そのままの状態で上を向きます

③親指がツボに挟まれる感じと同時に心地よい痛みを感じます

④そのまま痛さが緩和されるまで待ちます

⑤何度か繰り返して痛みがなくなれば効果が期待できます

側頭部への血液循環を高める足臨泣(あしりんきゅう)穴をツボ押し

足臨泣(あしりんきゅう)穴は足の薬指と小指のあいだを骨を沿って足首のほうに上がっていくと指がとまるところです。足臨泣は側頭部につながっているので、偏頭痛でこめかみが痛いときに押すと効果が期待できます。

足臨泣穴の刺激方法

①足臨泣に人差し指をあてます

②ツボ押しの方向は真下よりも少し踵方向へ斜めの方が効果があります

③5秒ほどのツボ押しを響く痛みが緩和するまで繰り返します

④響く痛みが緩和すれば効果が期待できます

頭痛を素早く和らげるツボ押しのまとめ

ご紹介したツボ以外にも頭痛の緩和に効果が期待できるツボはたくさんあります。あまり場所にとらわれず、頭などでは痛みのある部分を優しくツボ押ししてみると良いです。多くの場合は肩こりや首こりなど姿勢の異常と、眼精疲労が重なった時に頭痛として症状が現れることが多いです。長時間のデスクワークやスマホの使いすぎに注意しましょう。

関連記事

  1. 低血圧の改善に欠かせない3つのツボ押し

  2. もものツボで痛み改善

    臨月の時に押すと効果があるツボ押し

  3. 真っ赤な目の充血を解消するツボとその原因&対処法

  4. 汗かきのツボ、復溜、労宮、陰郄で各部の多汗症を抑えるツボ押し

  5. 気持ちが不安定なときに効果のあるツボ押し

  6. 女性に多い足の冷え性を解消するツボとその原因&対策

  7. 魔女の一撃とも言われる、ぎっくり腰に有効なツボ押し

  8. いつでも気軽にできる冷え性改善のツボ押し