高血圧のセルフケアに使えるツボ押し4選

中年ともなると10人中3人か4人ほどは高血圧になっています。年齢を重ねるごとに血管も同様に老化します。血圧が高い人ほど血管系の病気になりやすく、ひとたび発症してしまうと死亡率も高い疾患です。高血圧が心配な方は、日頃の食事のバランスを心がけると共に、降圧効果の期待できるツボ押しを習慣にして高血圧を改善することをおすすめします。

耳つぼで高血圧に効果のある降圧帯(こうあつたい)を揉む

経絡に属するツボではありませんが、耳の上部にある溝のような凹んだ部分に降圧帯があります。血圧が高い方の降圧帯は不思議と硬くなっている場合が多く、その硬さをツボ押しで緩めてあげると血圧の降下に役立ちます。

降圧帯の刺激方法

①降圧帯を耳の内側くぼみに親指、その裏側に人差し指をあてて挟むように持ちます

②左右同時に行うと効果的なので両手を使って刺激してください

③30回ほど心地よい強さで揉みほぐすようにツボ押しします

④1日3回ほど行います

高血圧の特効穴である十宣(じゅっせん)で降圧

十宣も経絡とは別のツボですが、高血圧を含め血液循環など血管系の問題に効果の高いツボです。すべての手の指先にあります。指先から少しだけ指の腹に向かったところです。ツボ押ししやすい指先にあるので、高血圧にお悩みの方は通勤途中やお仕事の合間に刺激する習慣をつけてください。

十宣の刺激方法

①手の指すべてにありますので、両手の指先を合わせることで十宣にあたります

②指先と指先でお互いの十宣をツボ押しします

③少し強めの圧で5秒ほど維持してから緩めるを10回ほど繰り返します

④高血圧の症状が強い場合はこれを1日3回は行うようにしてください

臨床実験も行われた人迎(じんげい)穴

人迎穴は首の前面にあるツボです。喉仏の横指二本分のところにあります。人迎穴の下は自律神経に関与する星状神経が通っているので降圧のための臨床実験でも使われた実績のあるツボです。喉にあるため、喉への刺激で嗚咽しやすい人には向きません。しかし抑えてみて問題がなければツボ押しすると効果を感じやすいツボです。

人迎穴の刺激方法

①親指と人差し指で人迎にあてます、脈の拍動を感じるところです

②優しく首の後ろの方向にツボ押しします

③10秒ほど抑えたら緩めるを5回ほど繰り返します

④指に触れる拍動が柔らかくなると効果がでています

心臓の働きを調整する神門(しんもん)穴を刺激

神門穴は手首の内側にあるツボです。シワの小指側の端にあります。高血圧の原因となる心臓疾患や胸部疾患にも有効なツボのひとつです。精神的な問題も高血圧に影響するため神門穴は特によくツボ押しして下さい。

①神門に親指をあて人差し指と中指で手首を挟むように持ちます

②挟むように5秒ほど押して緩めるを左右5回繰り返します

③そのまま手首を振るように刺激します

④手首を振る時にやわらかく動くようになっていれば効果がでています

高血圧のツボ押しのまとめ

高血圧の改善には食事や睡眠など生活習慣の見直しが大切です。症状も定着化しやすいので、ツボ押しもコツコツと継続的に行うことが必要なので、いつでもツボ押ししやすい部分をピックアップしました。入浴中やテレビを見ている時など心身共にリラックスした時にツボ押しすると効果がでやすいです。

関連記事

  1. めまいが出た時にマッサージするツボとめまいの原因について

  2. ポッコリお腹のダイエットに効くツボと有効な対策

  3. 手汗の多い方に効果的なツボ押し

  4. 立つのもつらい腰痛を解消するツボとその原因&対処法

  5. 首が凝って痛いときのツボと凝りについて

  6. 必見!生理痛を緩和するツボはここだ

  7. 体に力が入らない脱力感があるときに効くツボ押し

  8. 歯茎の腫れを治めるツボとその原因から応急処置まで