肩こりを解消するツボと改善のためのストレッチ

厚生労働省の調査によると、8人に1人の割合で肩こりに自覚症状があると言われています。特に女性は男性に比べると筋肉の量も少なく、7kgはあると言われる頭を支えている首も細いので肩こりを感じやすい傾向にあります。

デスクワークや職場で座りっぱなし、立ちっぱなしなど長時間同じ姿勢でいると肩が凝ってきてしまいます。

そのようなつらい肩こりの原因、効果的なストレッチ~即効性のあるツボまでを紹介します。

肩こりはツボを刺激して改善する

伝統的な体調不良の改善方法として東洋医学の考え方「ツボ」があります。「血(けつ)」と「気(き)」の通り道である経絡(けいらく)の重要なポイントをツボ(経穴)と呼ぶのですが、このツボを刺激することで不思議なほど体調の不調が改善されていくので一度試してみて下さい。

<ツボの探し方>

指で探ってみた時に以下のようなところがあればそこがツボです。

・くぼんでいるところ

・少し柔らかくなっているところ

・周囲より刺激を感じる部分

<頭部にあるツボ>

①眉衝(びしょう):眉毛の内縁からまっすぐ上部、生え際から指1本上にあるツボです。

②曲差(きょくさ):眉衝から水平に外側へちょうど眉の内縁と瞳の中間の位置にあるツボです。

③五処(ごしょ):曲差から後頭部へまっすぐ指2本分の位置にあるツボです。

④承光(しょうこう):五所から後頭部へまっすぐ指4本分の位置にあるツボです。

⑤通天(つうてん):承光から後頭部へまっすぐで頭頂部と耳を結んだ線上にあるツボです。

⑥絡却(らっきゃく):通天から後ろへ指3本分のところにあるツボです。

⑦玉枕(ギョクチン):両目から後頭部へ水平に指を滑らせてちょうど枕が当たる位置に少しくぼみがあります。そこが玉枕です。

このように頭にはツボが集中しているので、眉衝~玉枕は1式で指圧するのが有効です。

実際に指圧してみると驚くほどにめまいや吐き気、頭痛が改善されるツボの集まりです。

自分で的確に垂直に刺激することが難しい場合は椅子に座ったり仰向けに寝た状態でパートナーに指圧してもらいましょう。

<首にあるツボ>

①肩井(けんせい):首を前に倒した時に出る骨と肩の先にある出っ張った骨の中心点にあるツボです。

⇒肩井のすぐ下に太い血管が走っているので、指圧すると僧帽筋の血行が改善されます。

②肩中癒(けんちゅうゆ):首を前倒しにした時に出る骨から両外側指3本分にあるツボです。

⇒首び凝りやしびれにも効果があり、この周囲を優しくさすると慢性の咳も改善されます。

③風地(ふうち):耳たぶの後ろ、頭蓋骨の出っ張りの髪の毛の生え際にあるツボです。

⇒頭痛・吐き気・めまいを緩和させます。

④天柱(てんちゅう):後頭部付け根の髪の毛の生え際で首の筋肉の両外側にあるツボです。

⇒首と肩の凝り、頭痛の改善に役立ちます。

 

<手にあるツボ>

①合谷(ごうこく):手の甲にあるツボで、親指と人差し指の骨が合流するところ、まさに合流する谷間にあるツボです。

⇒身体の不調のあらゆる症状に効果があるので覚えておきましょう。

肩こりはストレッチで血行を改善する

肩こりで多くの方が悩んでいます。症状が重くなると頭痛やめまい、吐き気を伴うようになり仕事や日常生活にまで影響が出て深刻なものとなります。

肩こりは首~肩、肩甲骨を取り巻いている人体の中では最も広範囲にある筋肉「僧帽筋」の血行不良が原因です。僧帽筋に血液を送るには肩甲骨を動かすストレッチをすることが最も有効です。

簡単にできるストレッチを紹介します。

①腕を肩の高さで前方に軽く突き出します。

⇒力を入れる必要はありません。リラックスした状態で肘あ曲がっていても構いません。

②大きく息を吸いながらそのままの肘の高さをキープしたまま、肘を曲げて背中の方に引いていきます。

⇒この時左右両側の肩甲骨を背骨に向かってしぼめていくことを意識してください。

③ぐ~っと一杯のところで息を止めて3秒キープします。

⇒意識は肩甲骨の絞りに集中です。

④息を吐きながらゆっくりと腕を元の前方へ戻します。

ストレッチ中は大きな深呼吸をしながら行うことが重要です。息を吸うときは交感神経を使っています。息を吐くときには副交感神経を使ってリラックスしています。これを意識的に行うことでストレッチの効果がUPします。

肩こりを解消するツボまとめ

以上が肩こりに効果的なツボの紹介です。運動不足や歯の噛み合わせが悪い場合にも血行不良を起こし、肩こりになってしまいます。1日中じっとしている仕事をしている方は1時間に15分程度の休憩を取り、血流を滞らせないことが肝心です。

常にストレッチで血行を良好にしておくと肩こりを予防することができます。肩こりになってしまったら、ストレッチとツボを刺激することでいつでもどこでも簡単に肩こりを改善することができるのでぜひ試してみて下さい。

関連記事

  1. 不安な気持ちを払拭できるツボ押し

  2. 肩こりに効果のあるツボ押しとグッズの紹介

  3. 片頭痛を和らげるツボとその原因・前兆

  4. 拍動と一緒に痛む偏頭痛を緩和するツボ押し

  5. 頭痛を素早く和らげるツボ押し

  6. 不快な時期到来!花粉症を解消するツボを紹介

  7. 立ち仕事の場所で働く方の悩みに効果のあるツボ押し

  8. ふくらはぎのツボ

    パンパンの脚のむくみをスッキリさせるツボ押し